• 学科紹介
  • 教える人
  • 大学院紹介
  1. Top >
  2. 学科紹介

仏教学科

2500年の時を超え、世界に広まった「仏の教え」。
その思想と文化を、仏像や絵画・古写本など本物の資料と向き合いながら学びます。

2500年前インドで生まれた仏教は、各地の文化の影響を受け、また影響を与えつつ、それぞれに特色ある仏教を形づくりながら世界に広がっていきました。本学科では、これを「アジアの仏教と文化」「日本の仏教と文化」の2コースに分け、1年次からの積み上げ学修によって広い知識と多角的視野を養い、3年次からの演習で各自が選んだ専門分野について本格的な研究に取り組みます。

こうした仏教への理解をより深めるため、講義や文献で学ぶだけでなく、仏像製作や修験道、[坐禅、香道、茶道]などを体験する、実践的な科目を導入しました。これらは仏教理解にとどまらず、アジア諸国の文化や日本文化の原点を知るうえでも大きな意味を持っています。

仏教の叡智に学び人間の真実を問う中で、新たな「私」、新たな「世界」が見えてきます。仏教学科では、仏教の思想と文化を学修するための特色ある講義群を通して、「世界」を学び「人間」を問うていきます。

学科の特徴

「仏教の町・京都」で学ぶ

 重要文化財に指定されている気品あふれる大宮キャンパスが仏教学科の学びの舞台です。周辺には、世界遺産に登録された西本願寺、東寺をはじめとする古刹があり、京都に花開いた仏教文化を肌で感じることができます。

国宝・重要文化財を通して学ぶ

 国宝・重要文化財をはじめとする日本有数の仏教に関するコレクションを所蔵する龍谷大学図書館。「本物の資料」に触れながら、仏教の思想や文化を学ぶことができます。

仏教学科だからこそ学べる
「本物」の仏教

 アジア諸地域に広がった仏教は、受容された各地域の風土・歴史的背景・民族的特性などにより極めて多様な展開を見せます。仏教学科では、「アジアの仏教と文化コース〜仏教を育んだ悠久の世界〜」「日本の仏教と文化コース〜東アジアに華開く魅惑の仏教〜」の2コースにより、各地に展開した仏教を本格的に学ぶことができます。

2コース制

仏教の長い歴 学問領域を、本物の資料に触れながら学ぶことができます。
各自の関心や目的にあわせてコースを選び、その分野にふさわしい教員による本格的な指導を受けることができます。

アジアの仏教と文化 仏教を育んだ悠久の世界

インド・チベットなどアジアにおける仏教と文化を深く学びます。

日本の仏教と文化 東アジアに華開く魅惑の仏教

中国・朝鮮半島を経て日本で華開いた東アジアの仏教と文化を広く深く学びます。

※ 仏教学科のカリキュラムなどの詳細については、龍谷大学ホームページをあわせて参照してください。
http://www.let.ryukoku.ac.jp/faculty_info/buddhism.html

学べる専攻科目※一部抜粋

語学

  • 古典漢文
  • チベット語
  • サンスクリット語
  • パーリ語

普通講義

  • 仏教学概論
  • 仏教聖典学概論
  • インド仏教教学史
  • 中国仏教教学史
  • 日本仏教教学史
  • 仏教文化学概論

講読・特殊講義

  • 仏教漢文入門
  • 仏教学講読(各種)
  • 仏教学特殊講義(各種)

選択専攻科目

  • 仏教美術入門
  • アジアの仏教と文化
  • 日本の仏教と文化
  • 仏教と日本の文化
    (仏像彫刻・修験道など)
  • 仏教と異思想
  • 世界の仏教
  • 古都の仏教

取得可能免許・資格

  • 本願寺派教師資格
  • 教職(中学・高校教員免許)
  • 図書館司書
  • 博物館学芸員
  • 開教使
    など

仏教学科卒業生の進路

公務員、卸売業、サービス業、教育関係、宗教関係などさまざまな分野に進んでいます。

仏教学科卒業生の進路

仏教学科生・大学院生の研究成果をご紹介します。

大学院生の業績

卒業生の業績